2009年10月06日

003 真立ダムB

  前回につづきまして、真立ダムBです。

   一般人の方は、徒歩でしか見られません。 

     もちろんそういうぼくも一般人の1人なので徒歩で行ってみました。 片道1時間半ほど。 

  バットレスという形式でして、日本にわずか6基しかないようです。

  では、画像てんこ盛りでいきます。

小口川ダムを通過し、すぐ右手に水圧鉄管&発電所が見えます。 ここから車を路肩に駐車し徒歩になります。 
DSCN1645.JPG

こんな建物も登場し何なのか分かりませんが、あとで分かります。
DSCN1549.JPG


橋を渡り。
DSCN1550.JPG

では、いよいよココからが本番です。
DSCN1551.JPG

九十九折をこれでもかってくらい登ります。
DSCN1553.JPG

略して北電。
DSCN1643.JPG

しばらく進むとと、先ほどの謎な建物がヘリポートだと分かることができ、スッキリできます。
DSCN1554.JPG

お次は、水圧鉄管のご登場です。
DSCN1555.JPG

まだ先は、遠そうです。
DSCN1561.JPG

頑張って登ると、サージタンクが間近に見えます。
DSCN1566.JPG

ナンバーの無いトラックもありました。 その後違う場所で再会しようとはこの時知る由もなかった。
DSCN1567.JPG

こんなケーブルクレーンもあります。 (建設当時の遺構かと思いきや、実は現役かもしれない。)
DSCN1570.JPG

ここからの道のりは一変して、ゆるやかな傾斜になり体力的に楽になります。 でもまだまだ先は長いです。
DSCN1572.JPG

こんな土嚢の山積みがあったり、よくこんなところまで持ってこれたなと思う。 あっ!さっきのケーブルクレーン現役じゃないのかな?とここで思った。  
でも袋さえあれば、ここで土を詰められるかと書いている今思った。
DSCN1573.JPG

さらに進むと軌道の登場です。 でも砂利に埋ってます。 
DSCN1574.JPG

そうすると、現役と思われる軌道が登場します。
DSCN1641.JPG

その台車
DSCN1580.JPG

ここから先は、映画『スタンド・バイ・ミー』気分なのは言うまでもない。 (古い?)
DSCN1581.JPG

DSCN1582.JPG

DSCN1583.JPG

DSCN1584.JPG

こんな道のりをひたすら歩いていると、あっ!!!
DSCN1585.JPG

やっとその姿を発見! モチベーションも上がります。 でもここからも、かなり歩きます。
DSCN1586.JPG

ちょっと癒されるポイント。
DSCN1591.JPG

戦乱当時この城壁の穴から、火縄銃で応戦していた。 などと妄想しながら先を進みます。 
DSCN1595.JPG

上流にもヘリポートがありました。いよいよ!
DSCN1598.JPG

ゴール目前!
DSCN1640.JPG

\(^▽^)/ヤッター!!到着! あれ? 貯水されてない。
DSCN1599.JPG

真立って穴あきダムだっけ?
DSCN1600.JPG

DSCN1601.JPG

あ!ユンボがいる。
DSCN1602.JPG

DSCN1607.JPG

動画も撮ってみました。 ※音量注意!





どうやら何かの工事をしてるみたいですね。 でもやっとの思いでここまで来たので、舐めるように撮影しまくるぞと意気込んでいたら、工事作業員の方が現れました。 日曜なのに。

『うっわぁ!!やべぇ!』ハシゴから湖底に下りようとしていたときの事でした。
急いで駆け登り、作業員3名にとりあえず挨拶をしました。 

ぼく  『こんにちは。あのう、ぼくダムが大好きでして、撮影してたんです。すみません、勝手に入ってしまって。』

作業員 『あ!あぁ…』 まさかの一般人の登場にビックリしている。

ぼく  『あのぅ 撮影させてもらっても良いですかね?』

作業員 『あぁ、いいと思うけど落ちないでね。 どこから来たの?』

ぼく  『ありがとうございます! あはは!岐阜県です。』

作業員 『岐阜にだって大きなダムあるのに…』 

ぼく  『えぇ、そうなんですが』 (汗) 『何の工事しているんですか?』

作業員 『ゲートを取り替えてるんだよ』

ぼく  『そうだったんですかぁ』

どうも排砂ゲートの取替え工事のようでした。 挨拶をそこそこに、気兼ねなく撮影開始!

やっとダムの全貌を撮れた。
DSCN1623.JPG

天端。
DSCN1614.JPG

穴から。 
DSCN1629.JPG

DSCN1638.JPG

DSCN1630.JPG




撮影を終え、帰りにも一声かけておきます。
ぼく  『お邪魔しました。これで失礼します』
作業員 『気をつけて帰ってね』
ぼく  『ありがとうございます』

ゆるい方々で、良かったぁ。 で、帰ることに。 

あっ!さっきのナンバーの無いトラックだ! なるほど、ココ専用の作業車で公道じゃないからナンバーの必用も無いんだ、と思った。
DSCN1642.JPG

帰りは九十九折を行かずに、水圧鉄管沿いの階段から行くことに。 

  困難な道のりでしたが、達成感もひとしおでした。

   なお、この場所に行ってみようと思われた方、危険なので何があっても当方は責任を負いません。 自己責任でお願いします。


  かなりの長文になった気がします。 アップ失敗しないように念の為コピーしてと。 (2度と同じ文面書けない)


      つづく…次回は祐延ダムです。

















  
posted by キリ☆ at 03:53| Comment(2) | 富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとこれいいですね〜。いまほんと行きたい場所なんです。道中の軌道もそそられますわ。大変そうですけど1時間半で行けちゃうんですか?それならちょっと、とか言ってると失敗するんでしょうね。真川バットレスもよろしくお願いします。
Posted by shimneti at 2009年10月08日 03:13
shimneti様 コメントありがとうございます。 shimneti様とお近づきになりたくて、Seesaaブログに登録してみました。

1時間半もあれば行けます。 経験値の低いぼくに向いてます。 もっとハードな秘境ダムもありますからね。(いろんな意味で)

shimneti様なら余裕で行けると思えます。 ぜひそのときは、ブログにして下さいね。

  ぼくも、コメントさせてもらいますね。

  
Posted by キリ☆ at 2009年10月09日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。