2009年10月12日

007 セバ谷ダムG

 2009/10/11(日)、セバ谷ダムへ行ってきました。  

   世間じゃ3連休らしく、そのせいで渋滞でした。 ┐(´ー`)┌

  このダムも徒歩となります。 行きは1時間弱。 帰りは20分ほど。 (初心者向け?)

国道158より県道300へ右折すると…まさかの通行止め…。 
DSCN2192.JPG 

しばらく途方に暮れます。
DSCN2186.JPG

 そうだ!ここから歩いて行こう! とヒラメキ徒歩で行くことにします。

するとゲートの登場です。 でも行かせてもらいます。
DSCN2103.JPG

DSCN2106.JPG

 しばらく進むとすぐこんな看板がありました。 
DSCN2107.JPG

あ!(゜ー゜)ニヤリ!
DSCN2108.JPG

ココだ!
DSCN2109.JPG

では、ココからが体力勝負になります。
DSCN2110.JPG

山中を登ります。 すると、分岐点が現れ困ります。
DSCN2113.JPG
 とりあえず川沿いの左を選択しましたが、どちらからでも同じ道に合流することを登ってみて気付きました。  左はショートカットでしんどいです。 右にすれば良かったと後悔。 このあとも似たようなひっかけ問題が出ますがどちらからも行けます。

動画も撮ってみました。


息もキレます。


ダムはまだかなぁ。
DSCN2118.JPG

猿に威嚇されてるぼくです。猿達のテリトリーかもしれません。 ボス猿がちょっと恐かったですが、熊じゃなくて良かったです。


ドラム缶。
DSCN2120.JPG

送電線。
DSCN2126.JPG

しんどいです。
DSCN2128.JPG

↑の画像を登り切ると、降りになります。  ( ゜Д゜)!!ん!
DSCN2131.JPG

到着のようです。いつもやっとの思いでダムと会える、この瞬間だけはヤバイです。
  

では、撮影タイムです。

セバ川からの流入。
DSCN2136.JPG

河川維持の為、その水を分水して余水吐へと、
DSCN2137.JPG

流してます。
DSCN2138.JPG

余水吐。
DSCN2140.JPG

別の場所からも流入しています。
DSCN2139.JPG

かなりの水量です。
DSCN2176.JPG



上流からの堤体。 晴天に恵まれて良かった。
DSCN2177.JPG

そして、右岸より。
DSCN2145.JPG

天端。 アーチ状なのに、AでもGAでもないらしい。 
DSCN2144.JPG

排砂ゲート。 真川ダムで見たのと同様、白目で食い縛る顔に見えてしまいす。
DSCN2149.JPG

石張りの堤体を見るのは、コレが初めてです。
DSCN2157.JPG

左岸より。
DSCN2156.JPG


   小さくて可愛いダムでした。

                つづく…。


     
posted by キリ☆ at 12:37| Comment(2) | 長野県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

岐阜のダム行きを中止して、ちょっとセバ谷って!やりますね。
セバ谷って確か、あまり行ったという人がいないんですよね。好きですねぇ。と言うかすごいですよね。

林道からセバ川を下るのかと思っていたら、違うんですね。ちゃんと看板まで有って・・

ユニークな堰堤ですね。いつか行ってみたくなりました。
Posted by shimneti at 2009年10月13日 00:14
shimneti様   行ってみて分かったんですが、セバ谷は看板もあるし距離も短いので行きやすいですよ。 
梓川3姉妹ダムと合わせて行かれるとイイかもしれません。 お奨めです。

 ぼくも雪の降る前にと思って行ってみましたよ。 

  しかし岐阜の●●ダムを攻略している、shimneti様はやはりすごいと思いました。
Posted by キリ☆ at 2009年10月14日 03:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。