2012年12月09日

079 七色ダム GA

2010/01/04 池原ダムの次は、七色ダムへ行ってみます。

  このダムは見たくてしょうがないダムの1基でして。 『 放流 』ってDVDを見てこのダムの放流が見たくて、見たくて!!

    いつか必ず見てみたいと思ってます。 必ず!!!


で、到着しました。
DSCN2707.JPG

ゲートピアが高くそびえ立ってます♪
DSCN2708.JPG

天気も良くて、嬉しいです♪
DSCN2711.JPG

スペック看板。
DSCN2714.JPG

サイレン。
DSCN2716.JPG

この減勢工が、ぼく的に大好きなんです!
DSCN2715.JPG

なぜならイイ意味で減勢工として、役立たずだから。
DSCN2718.JPG

見上げます。
DSCN2717.JPG

維持放流設備は、
DSCN2721.JPG

サイフォン式放流管だそうです。 (↑の看板より)
DSCN2722.JPG

DSCN2723.JPG

DSCN2726.JPG

DSCN2727.JPG

七色発電所の開閉所。
DSCN2728.JPG

七色って名前もイイですよね。
DSCN2729.JPG

取水口。
DSCN2730.JPG

取水口のゲートもかなりデカい!
DSCN2731.JPG

大林組製。
DSCN2732.JPG

右岸すぐにトンネルがあります。
DSCN2733.JPG

あそこに行きたいので、あとで行きます。
DSCN2734.JPG

トンネルの雰囲気。
DSCN2736.JPG

取水口のゲートの裏っかわ。
DSCN2738.JPG

天端は、車で通過できます。ちなみに国道169です。
DSCN2739.JPG

ゲートスペック。
DSCN2741.JPG

どうしたら、欄干がこんなになるんだろう?
DSCN2742.JPG

(゚▽゚*)ニパッ♪
DSCN2743.JPG

(>▽<)ノ 絶対また来るからねー!!
DSCN2744.JPG



初回投稿 2010-09-23 03:00:04

次回、広川ダム。 七色ダム放流編は続きを読むからどぞ 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


七色ダム 放流編。




ぼくには、どうしてもこの目で見てみたい、野望がりまして、


それが、七色ダムの放流 なのです。 はい。


過去にも挑戦しましたが、通行止に阻まれ悔しくも惨敗しまして。 
その後も、虎視眈々とそのチャンスを窺って(ウカガッテ)いたワケです。


そんなある日の事、


キタ―(゚∀゚)―ッ!! チャンス再来!!


今回、2012台風17号(ジェラワット)が紀伊半島に接近するとの情報をキャッチします。


前回の失敗を生かし、今回取った作戦は、通行止を回避する為、台風よりも早く現地入りし待ち構えるとゆうミッションです。


前振りが長くなってしまいました。
でわ、 (  ̄д ̄)/  いざ!出陣っ!!



R169を七色ダムへと走らせます。
七色ダムDSCN8236
ステキ隋道☆


見えてきたのは、でんぱつの七色貯水池です。
七色ダムDSCN8237


見辛いですが、車載動画もあります。



無事、七色ダムに到着しますた。  このとき雨は、まだ小降りです。
七色ダムDSCN8238
(お気に入りの16本骨傘はこの後、暴風により殉職してしまいます)


台風の影響により、通行止になっていたり。
七色ダムDSCN8239




とにかく、放流確認をしなくてわ!!






放流してはいましたが、このときはまだ1門放流ですた。
七色ダムDSCN8240


ヂャww!!
七色ダムDSCN8242


いや、本気を出せば、こんなもんじゃないはずです。
七色ダムDSCN8243


振り返っての、七色貯水池の風景☆
七色ダムDSCN8244
上流の、池原ダムと揚水発電をしてます。

ジェラワット上陸まで、まだまだ時間がありそうなので、その間に以前発見できなかった小森ダムへと行って見る事にします。


その模様は、504 小森ダムG (FC2)でご覧下さい。


再び、七色ダム(下流)へと戻ります。 



1門放流から、3門放流へと変貌していますた。
七色ダムDSCN8270


根拠の無い見解になりますが、これから放流門数を必ず増やすはずです。   (でなければ困ります)
七色ダムDSCN8272
長距離運転の疲れから、つい転寝(ウタタネ)してしまいまして、その間に、


(>д<)!! 5門放流になっていますた。
七色ダムDSCN8279
ダムが大好物で、ダムをおかずにごはん何杯でもイケます。


だから、ダムごはん
七色ダムDSCN8283
              (鮭)


車内から窓を開けての撮影ですが、暴風域に入ってきた為すぐにずぶ濡れになってしまいます。
七色ダムDSCN8284


そんなヘタ動画もあります。



(´ヘ`;) これでは、満足な撮影もできません。 
七色ダムDSCN8286



場所を堤頂へと移してみます。



暴風&土砂降りですが…、
七色ダムDSCN8312


ついに…、ついに キタ――(゚∀゚)――ッ!!
七色ダムDSCN8311


こんな事もあろうと、用意していたカッパに着替えて、撮影を試みます。
七色ダムDSCN8315


このときばかりは、無我夢中でした。 
七色ダムDSCN8316


長年、見たくて見たくてしょうがなかった放流シーンでしたので。
七色ダムDSCN8317


まるで、スローモーションのような動画も。



で、でも…、 でもさぁ… (´・ω・`)
七色ダムDSCN8319


ヽ(`Д´)ノ  キジャマw!!
七色ダムDSCN8321


カッパを着てても、豪雨によりパンツまでビショビショになりまして、
七色ダムDSCN8323


無論、そんな事など何の問題にもなりません!!
七色ダムDSCN8330
それでもいい、それでもいいと思える放流だった。 
HY 366日みたいに(←必ず泣く曲))


Σ(゚д゚ ;)!! むむむ!
コピー 〜 七色ダムDSCN8329


その豪雨により、プチ滝になってますた。
七色ダムDSCN8324
(普段は、滝などありません)


そして、天端へと、
七色ダムDSCN8335


お分かり頂けましょうか、この大迫力を。
七色ダムDSCN8336


この跳水による水飛沫(ミズシブキ)がまた、迫力を助長しています。
七色ダムDSCN8338


この 放流 を、心底見たかったんですよwっ ホントにwっ!! 
七色ダムDSCN8339
(*≧∀≦) ウキャwっ!!


とにかく、クレストからの跳ね返りがスゴいんですよね。
七色ダムDSCN8340


いろんなアングルから撮りたくて☆
七色ダムDSCN8341


この迫力は、画像と現場とでは別物ですが、
七色ダムDSCN8342


少しでも伝われば嬉しいです。
七色ダムDSCN8344


この光景を見る事ができ、『よっしゃwっ!! と声を大に、ガッツポーズも取りますよ、そりゃ〜。
七色ダムDSCN8346
(そのとき、誰も居なかったから良かったものの、不審者そのものです テヘペロ)


例えるならここは、非日常的空間みたいな。
七色ダムDSCN8347


この頃になると、雨も小康状態になり、
七色ダムDSCN8350


台風一過で、青空に一転☆
七色ダムDSCN8356


ぼくにとって、ここは天国でした。 はい。
七色ダムDSCN8358


ガク(( ;゚Д゚))ブル 正直、その圧倒的な迫力が、怖くもありまして。
七色ダムDSCN8346


七色ダムの全門放流を、生で見たいと思うのは、きっとぼくだけじゃないはずです。
七色ダムDSCN8347


この青空とのギャップがまた…、
七色ダムDSCN8350
(人´∇`) ステキ

どうですか? コレ!?
七色ダムDSCN8356
天端からの撮影なんですが、上流から暴風が吹きつづけてます。

七色ダムの欄干は低いので、ときおり吹き付ける突風で、突き落とされる格好になります。
七色ダムDSCN8358
天端から転落しないよう、重心を低くする必要があります。

しゃがみながら歩いたことあるでしょうか、このときから数日、筋肉痛に苦しみました。
七色ダムDSCN8360
この七色ダムの放流も、思い出深い1基となりますた。


もう、ホントにスゴかったです。
七色ダムDSCN8361


ドゥヴァババババァwwッ!! 
(ジョジョ風に)
七色ダムDSCN8362


(*´ω`*) 何気に、ローラーゲートのリベット留めに萌えたり
七色ダムDSCN8352


副ダムにより、水流が跳ね上がります。
七色ダムDSCN8363


そして着水するのですが、川床が掘れてしまわないのがすごい。
七色ダムDSCN8364


七色発電所の開閉所が見えます。 
(開閉所とは、発電所から送電線へ電気を送るスイッチ的存在)
七色ダムDSCN8366
七色発電所は、地下式で天然岩盤の中にあります。


フラッシュボードとか☆
七色ダムDSCN8365


マウスオンすると、フェンスが消えます。
七色ダムDSCN8369


こんな風に。
七色ダムDSCN8371


残念ながらここでは、ダムカードはもらえませんでした。
七色ダムDSCN8372
北山川電力所の方で、もらえるそうです。


マウスオンすると、フェンスが消えます。 その2。
七色ダムDSCN8374


プチ滝は、取水される形になってますた。
七色ダムDSCN8377


すっかり夕暮れになってしましましたが、
七色ダムDSCN8378


帰るのが惜しくて、いつまでも眺めていますた。
七色ダムDSCN8379


この水流のライン! 堤頂と同じくらい跳ね上ってます。
七色ダムDSCN8380


ある意味、フリップバケット方式なのでわ??
七色ダムDSCN8381


跳水現象を利用した減勢になります。 はい。
七色ダムDSCN8382



編集しました動画もあります。

最後までご覧頂けましたら幸いにございます。


素晴らしい!!!
七色ダムDSCN8383


この夕焼けの空がキレイで☆
七色ダムDSCN8384


黄昏(コウコン)により、空がうっすらピンクい。
七色ダムDSCN8386


放流もうっすらピンクい。
七色ダムDSCN8387



ここで!!



ミドリい照明が灯りました。
七色ダムDSCN8389


どことなく怪しげです。
七色ダムDSCN8390


場所を再び、下流へと移動します。
七色ダムDSCN8391


すっかり、夜になってしましましたが、
七色ダムDSCN8392


ここからの眺望も、なかなか良いものです
七色ダムDSCN8397


今回は、三脚を使ってみますた。
七色ダムDSCN8409


ミステリアスな雰囲気。
七色ダムDSCN8416


ライトアップ効果も助長して、
七色ダムDSCN8417


イイ感じです。 (三脚使ってるのに、ピンボケですけど)
七色ダムDSCN8418


そんな動画もあります。

そろそろ行きましょうか。


その後 すき家42号尾鷲店にて、牛丼(並 つゆヌキ)&とん汁を食しつつ、今回の戦利画像を見ながらほくそ笑みますたとさ。



訪問日2012/09/30
posted by キリ☆ at 22:39| 岐阜 ☔| Comment(2) | 三重県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 
先月も左岸の説明板のある砂利の上で
コーヒー飲んでました!
気が付けば紀伊半島、と言うくらい、
よく出向いてるのに 写真は殆ど有り
ません。(放流パターン表は撮ってた
かなぁ。)

発電所の入口のエレベータの建屋が工
事中でしたよ。
 
Posted by shimneti at 2010年09月24日 00:24
シマさん、こんばんは。 堤体を撮らないで、放流パターン表を撮るなんて。(笑)

これから台風シーズンなので、放流狙いでまた行きたいです。
Posted by キリ☆ at 2010年09月24日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。