2011年02月06日

182 大間ダムG

寸又峡にも足を延ばしてみました。
DSCN4766.JPG

これは、千頭森林鉄道の車両です。
詳しくは、 ↑ ウィキってね。
DSCN4767.JPG

寸又峡温泉のPに展示されてます。
DSCN4768.JPG

この先は一般車両通行止の為、これより徒歩になります。
DSCN4769.JPG

寸又川?大間川?が見えます。
DSCN4770.JPG

大井川水系って吊橋がイッパイ!
DSCN4772.JPG

Σ(゚ロ゚ )!! ぅおぉっ!!!
DSCN4775.JPG

何?何?ふむ、ふむ。 
DSCN4776.JPG

渡るしかあるまい! 皆の者、右じゃ!( ゜Д゜)/ シュタッ!!
DSCN4777.JPG

(゚∀゚*) おぉw!♪
DSCN4778.JPG

テンション・モチベーション・ボルテージとかその他いろいろ上がるぅグッド(上向き矢印)
DSCN4779.JPG

(*≧▽≦)キャー!!
DSCN4781.JPG

こんなのがありました。 見たいよ〜。
DSCN4782.JPG

コスプレしながら入浴するバカップル。
DSCN4783.JPG
                        あはは!ウソ、ウソ。

しばし眺める。
DSCN4784.JPG

(´ヘ`;)んん〜。
DSCN4785.JPG

やっぱり、下流からも見たいなぁ。(´・ω・`)
DSCN4786.JPG

とりあえず、先へと進みます。
DSCN4787.JPG

ふむ、ふむ。
DSCN4788.JPG

(゚ロ゚ノ)ノうわぁw!
DSCN4789.JPG

ガクガク(((( ;゚Д゚)))ブルブル
DSCN4790.JPG

(>Д<) 意を決して、渡ってみます。


吊橋から大間ダムを望みます。
DSCN4800.JPG

ちなみに湖名は、チンダル湖です。
DSCN4802.JPG

何?何?チンダルて??
DSCN4795.JPG

チンダル現象から由来してるそうですよ。
DSCN4796.JPG

ダム湖が青い訳もその現象によるものだと、看板で紹介されてました。
(看板撮り忘れた。)
DSCN4793.JPG

こんなの全然恐くないしっ!ヘッチャラですよ!いや、いやホントですって…。あせあせ(飛び散る汗)
DSCN4797.JPG

対岸へと渡り、今度は登るはめに。
DSCN4803.JPG

登りながらのチンダル湖。 (チンダルて。)
DSCN4804.JPG

渡ってきた、夢の吊橋があんなにちっちゃい。
DSCN4805.JPG

(´Д`)あせあせ(飛び散る汗)しんどいっす。
DSCN4807.JPG

ぼくの気持ちを代弁してくれる、休憩場。
DSCN4808.JPG

やっと登ってこれた。
DSCN4819.JPG

訪問日、2010/03/04  次回、千頭ダム。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

追記。

寸又川ダムの次に来たのが、大間ダムです。

この猿並橋と言う名の吊橋を渡り、下流から上流へと歩き直下を撮りたいとゆうミッション。
DSCN6271.JPG

渡ってる動画。

またしてもSD不具合で画像は、これだけ。(>Д<)!! 
結果から言うと、直下は大間川の水位が高くてとても上流へは行けませんでした。
その失敗風景も撮ってて、自虐ネタにしようと思ってたんですが。orz

大間ダム直下失敗!&アップ失敗!  ダメやん。


撮影日、2010/07/18   この後、千頭ダムへと。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さらに、追記します。(seesaaとFC2をまたいでの実験で、ややこしくてごめんなさい!)

大間ダム 下流編。

大間川堰堤攻略後、腹ごしらえをして次に向うは大間ダム!
DSCN0238.jpg

猿並橋! そう! 大間ダムを下流からアタックするワケでして。
DSCN0240.jpg

吊橋を渡り右へ行くとこんなポイントがあり、
DSCN0241.jpg

こんな川原へと。
DSCN0243.jpg
以前1度挑戦するも水位が高くて、諦めた経験があります。 (>Д<)!!

でも今回は行けそうな気がします♪
DSCN0244.jpg

その地形によって右岸・左岸を文字通り右往左往することになります。
DSCN0245.jpg
そんなとき長靴がここでも活躍します♪

(*≧∀≦) 正直、楽しくてしょうがないです♪
DSCN0246.jpg

非日常的世界♪
DSCN0247.jpg

ダム探索って、こうゆうキレイな自然も楽しみの1つですよね♪
DSCN0248.jpg

このとき、紅葉シーズンでもありまして。
DSCN0249.jpg

だけどここには、人1人いません。
DSCN0250.jpg
一人占めです♪

今、こうして書きながら画像見て、イイなぁって思ってます。
DSCN0251.jpg

水がエメグリでキレイ
DSCN0252.jpg

動画も。


進むにつれてこの様に、
DSCN0253.jpg

地形が変化していきます。
DSCN0255.jpg

どのようなルートで攻めようか、
DSCN0256.jpg

思案しながら歩いていきます。
DSCN0259.jpg

Σ(゚ロ゚ )!! おっ!
DSCN0257.jpg

(゚∀゚*) おぉw!!
DSCN0262.jpg

やっと見えてきましたよー!!
DSCN0263.jpg

かなり感動的でした♪
DSCN0261.jpg
ここで何枚も撮ります。

ズームアップしたりして。
DSCN0265.jpg

でもこの先、険しさマシマシになっていきます。
DSCN0264.jpg

さて気を取直して、参りましょうか!
DSCN0266.jpg

この辺りから大きな岩がゴロゴロしてます。
DSCN0267.jpg

これんなんて、おっきい! しかも絶妙なバランス!
DSCN0268.jpg

思いついたルートから行って、
DSCN0269.jpg

ダメならやり直すの繰り返し。
DSCN0270.jpg

ここが、1番の難所かもしれません!
DSCN0273.jpg

対岸(左岸)はこの様に絶望的でして。
DSCN0278.jpg

ここから行くしか手段はないのです。
DSCN0274.jpg

ですが、かなりの高さでして。 ガク(( ;゚Д゚))ブル
DSCN0275.jpg

しばらく悩みます。 どこか行けそうなルートはないものか? それとも諦めるか?
いや、諦めるなんてありえない! (´・ω・`)でもぅ。
DSCN0276.jpg
仮に飛び下りたとしても帰りはどうなるの? 無事にこんなとこ登ってこられるの?
ちょっと(かなり)勇気が必要だし、恐い  あ、ぼくビビリなんです。

でも、やっぱり大間ダム見たさに意を決して、飛び降りてみた!!
コピー 〜 DSCN0277
誰か褒めて! 3mくらいあったんだから!

ヾ(>_<、)ノ" ビビらせやがってw!!!
DSCN0279.jpg

( * ̄ー ̄)ニヤリ 
DSCN0280.jpg

ここまで来れば、後はもらったも同然♪
DSCN0281.jpg

動画も。


でーん!!
DSCN0283.jpg

(*≧▽≦) キャー!!
DSCN0285.jpg

(;゜д゜) す、すげぇ…。
DSCN0291.jpg

何でしょう? この導流部わ?
DSCN0286.jpg

洗堀ダメージがすごい!
DSCN0287.jpg

不思議とそれがまた、かっこイイ!
DSCN0289.jpg

この穴って何なんだろう??
DSCN0296.jpg

コンジットゲートじゃないよね??
DSCN0297.jpg

岩肌もすごい!
DSCN0301.jpg

利水放流してます。
DSCN0300.jpg

岩盤をコンクリで補強してるのかな?
DSCN0299.jpg

しかし、この堤体には目を奪われます。
DSCN0302.jpg

いったいどうしたら、
DSCN0303.jpg

こんな複雑な形状になるんでしょうか?
DSCN0286.jpg

やっぱりあの穴が気になる。 
DSCN0287.jpg

クレストゲートは、左右2門高さが違いますね。
DSCN0306.jpg

右岸堤体導流壁は、ほぼストレートに対し、
DSCN0308.jpg

左岸はややカーブしてる。 萌え!
DSCN0309.jpg

岩盤と同化してるような。
DSCN0313.jpg

Σ(゚ロ゚ )!! む!
DSCN0321.jpg

あのプチ水圧鉄管も気になります!
DSCN0320.jpg

最後に動画も。


難所と思われたポイントは、帰りには普通に戻れました。 上からの視界じゃ分かりませんでしたが、何とかなるもんですね♪


-------------------------------------

おまけ。

この後、井川ダム『やばびこ』へと。
DSCN0323.jpg
ちょっとした、キタナシュランです。(もちろん褒め言葉として!)

ぼく   『以前おにぎりを作ってもらった者です!』
お母さん 『あ〜!!!』  ってな具合に。
DSCN0324.jpg

いつもカレーをダムカレーに改修工事して頂きます。
DSCN0325.jpg
(*´¬`) 懐かしい美味しさです。 (昭和)


撮影日、2010/11/14  次回、平野沢堰堤。 (FC2)
posted by キリ☆ at 17:55| 岐阜 ☁| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。